Requires a javascript capable browser.

外壁塗装・外壁サイディング貼り替え・屋根リフォームは外装リフォーム専門店のガイソー豊田店にお任せください。

豊田店

0120-17-8087 ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン 外壁サイディング 屋根カバー工法 火災保険 ドローン メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
リフォームの流れ お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 夏は涼しく冬暖かい断熱塗料!高性能塗料のススメ
外壁・屋根
リフォームコラム
夏は涼しく冬暖かい断熱塗料!高性能塗料のススメ
2021年04月10日
 みなさまは、住宅の外壁に用いられる塗料について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
外壁塗装する場合は、業者さんがプランを提案してくれるので、お施主様側で決めることではない。とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん外壁塗装を行う目的は外壁に色を付けて、住宅をきれいに、そして鮮やかな外観を蘇らせることです。
ですから外壁塗装に使用する塗料の役割については、把握されておられないかたの方が多いのではないかと思います。

しかし、住宅の外壁に用いられる塗料の役割は、見た目の話だけではありません!
塗料は雨風から家を守り、外壁の耐候性を高め、住宅の寿命を延ばすなど実にさまざまな役割を持っています。
そして近年、塗料の持つ機能の1つとして注目されているが断熱効果です!
屋外の温度が屋内へ入りにくくするこの役割は、断熱塗料の技術が発展してきたことで需要が拡大しています。
今回は、そんな断熱塗料にスポットを当てて、断熱塗料というカテゴリに分類される高性能塗料についてご紹介させていただきます!

断熱塗料のメリット

まずは、家の外壁に断熱塗料を用いることで、生まれるメリットを知っておきましょう!
断熱塗料の特徴は、名称通りに熱の移動を遮断してくれるという点です。

地球温暖化の影響もあり、近年、日本の夏もかなり高温をマークする日が増えており、断熱塗料への注目度が非常に高まりつつあります。
断熱塗料と似た効果のある塗料として遮熱塗料がありますが、この2つは似ているようで、その仕組みは大きく異なっています。
断熱塗料と遮熱塗料について比較しながら、断熱塗料のメリットを見ていきましょう!

遮熱塗料は太陽光を反射することで、光が持っている熱を建物の内部に伝わらないようにするのが特徴です。
それに対して断熱塗料は、塗料そのものが熱を熱の伝導を抑制する効果を持っています。
断熱塗料が塗られた壁と、それ以外の塗料が塗られた壁では10℃近く表面温度に差が出ることもあり、室内への熱伝導を抑制することで、結果として屋内温度の上昇を抑制することにもつながっていきます。
屋内の気温の上昇を防ぐという意味では2つの塗料の持つ結果は共通しているのですが、違いがはっきりと表れるのが冬の季節です。

遮熱塗料は太陽光を反射するという性質があるため、寒い冬の季節にも外からの熱を取り込みません。
さらに保温効果もないため、寒い地域でこれを使用すると理論上、冬場は屋内に太陽の熱が届きにくいということが考えられます。

それに対して、断熱塗料は熱の伝導を防ぐ特性上、内側からの熱が逃げにくいので保温効果を持っていると言えるでしょう。
夏は太陽の熱を屋内に通しにくいので涼しく、冬は室内の温度が外に逃げにくいので暖かいという、2つの役割を兼ねてくれるのが、断熱塗料のメリットですね!

断熱塗料のデメリット

優れたメリットのある断熱塗料ですが、もちろん万能というわけではありません!
断熱塗料の最大のデメリットは、価格が高めであるという点です。
遮熱塗料と比較すると、遮熱塗料は1缶あたりの価格がおよそ5,000〜20,000円になります。
対して、断熱塗料は1缶あたりの価格が15,000〜100,000円ほどと言われ、高額な印象を受けますね。

そのため、断熱塗料で外壁を塗ると、それなりの費用が必要になってきます。
ただし、この点については、断熱塗料の省エネ性と併せて考える必要があります。

夏は涼しく、冬は暖かいという特性上、冷暖房費を節約できる場合があるため、コストパフォーマンスについては、良い面と悪い面の両方を持ち合わせていると言えるでしょう。
また、建物の構造によっては、使用できないケースがあるのも、断熱塗料のデメリットの1つです。

屋根が金属系の住宅や、屋根の真下にリビングがある住宅など、いくつかの条件にあてはまる住宅においては、断熱塗料を使用しても、十分な断熱性能を発揮することができない場合があります!
よって、使用できるシチュエーションが限られるという点も、断熱塗料のデメリットと言えるでしょう。

代表的な断熱塗料をご紹介!

断熱塗料で代表的なものを1つ、ご紹介しましょう。
それは「ガイナ」という商品です。有名な塗料ですので、外壁や屋根の塗装工事をご検討された経験がある方であれば、もしかしたら一度はこの商品名を聞かれたことがあるかもしれません。この断熱塗料は、元々は宇宙開発の現場で、ロケット本体の先端部の表面をコーティングするために用いられていた塗料でした。

ロケットは、みなさまもご存知の通り、大気圏を突破し宇宙を目指すための乗り物です。
宇宙を目指すということは、その帰路で大気圏に突入しますので、そこで発生する高熱に耐えなければなりません。
そんな厳しい環境においての使用を想定された塗料ですので、断熱性の高さはまさに宇宙レベル!?

この塗料には、特殊なセラミックビーズが含まれており、このビーズが、内外で熱が行き来するのを遮断してくれる働きを持ちます。
人類の優れた技術を集結させたような塗料ですが、2000年代に入ってからは、一般住宅の外壁や、屋根に用いられる塗料にその技術が転用され、その信頼性と実績で広く普及してきました。 

外壁塗装が劣化していく原因の1つに、太陽光に含まれる紫外線の影響があるのですが、ガイナに含まれているセラミックは、紫外線に非常に強いのが特徴です。
そのことからガイナは、一般的な塗料と比べ高い耐久性を誇っています。
過度の太陽熱は建物を老朽化させる原因にもなりますので、それを遮断してくれるガイナは、建物そのものの寿命を延ばす効果も期待できる塗料と言えるでしょう。

まとめ

今回は、住宅を熱から守り、耐候性を高めてくれる断熱塗料について、ご紹介させていただきました。
高い性能を持つ断熱塗料は、暑い夏の日差しや寒い冬の気温にも同様に効果を発揮し、屋内を快適な状態で過ごすことに一役買ってくれます。

ですが機能性が高い分、費用が高額であること。建物の構造や条件によっては使用できない場合があるため、ご使用を検討される時はご自身の状況と照らし合わせてお考えになると良いでしょう。
夏場に屋内の温度が高くなる。とお悩みの方は、ぜひ一度、断熱塗料での塗装を、ご検討されてみてはいかがでしょうか。


来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!